更年期障害って必ず来るの?

生物は1年ごとに年齢を重ねていきます。
今まだ10代の女性も、20代の女性も30代の女性も40代の女性も、いつかは通らなくちゃいけない時期が「更年期」です。

女性の更年期

更年期は閉経をする時期を挟んで10年間のことをいいます。
人によっては早くからこの更年期に入る人もいますが、日本の女性の多くは45歳〜55歳ぐらいまでの10年間をいいます。

 

更年期といわれる時期に様々な不快な症状を更年期障害といいます。
更年期障害の症状は、個人差があるため重度な方もいれば軽度な方もいますが、少なからず誰にでも訪れるものだと思ってください。
更年期障害の続く期間は平均して3年ぐらいといわれていますが、個人差があります。

 

日本人の50%もの女性が更年期障害に悩まされているのが現状です。
50%でもかなり高い数字ですが、海外の女性はもっと多い80%もの女性がなるといわれています。

 

更年期障害の症状に当てはまることとは?

気になるのが更年期になると悩まされる症状です。

 

閉経前後の女性の身体の中では女性ホルモン(エストロゲン)が急激に減少していってます。
それまでにも、生理が不順になったり、経血が少なくなったりと「もうすぐ更年期に入りますよ!」のサインがみられるようになるでしょう。

 

そんな時期から当てはまる症状がいくつか出てくるかもしれません。
更年期障害の症状として

 

  • ホットフラッシュ(ほてりと発汗)
  • 頭痛
  • めまい
  • 倦怠感
  • イライラ
  • 冷え
  • 息切れ
  • 動悸
  • 不眠
  • うつ
  • 肩こり・腰痛

 

これらが代表な症状として有名です。

 

当てはまるものが多いと不安に思ってしまう人もいると思いますが、これらの症状が少しでも緩和するようにすごして乗り切らなくてはなりません。
実際更年期障害の症状を深く悩みすぎて、最悪の結果につながってしまうというぐらいにコントロールができない人もいます。
ですが自分自身の症状と向き合い前をむいて進んでいくことで穏やかに過ごせるとも言えます。

更年期は人生の通過点

平均寿命が女性は86歳と高齢で、その半分のあたりにやってくるとされる更年期、人生の通過ポイントであることは間違いありません。
更年期障害の症状は個人差がありますが、閉経後の2〜3年後が最も症状が重いまたは激しいというデータが出ています。
日常生活に支障をきたすような症状が出てしまうこともあるので我慢せずに婦人科などの受診がおすすめです。

 

婦人科受診で何の検査をするの?

何か気になることがあったら受診をおすすめしていますが、どんな検査をするのか気になる点です。

 

まずは問診をして普段の様子や症状、生理についてなど詳しく医師と話します。
そして内診(触診)で膣の状態や、必要であれば超音波なども使い子宮の様子を見ます。
内診ではどうしても抵抗のある人もいると思うので、医師に相談をしてみるといいでしょう。

 

そして血液検査によって女性ホルモンの血中濃度を調べます。

血液検査

血中の「卵胞刺激ホルモン(FSH)」や「エストラジオール17β(E2)」について調べ、その数値によって更年期と診断を受けるか受けないかの分かれ目になります。
卵胞刺激ホルモンは卵巣の発育や生殖機能を高めるホルモンであり、正常値が10以下とされています。
この数値が40以上ある高めであると、エストロゲンの産生が抑制されて生殖機能が低下していると判断されるため、更年期障害と診断されます。

 

エストラジオールはエストロゲンという女性ホルモンの一種で、生殖機能だけではなく自律神経の制御にも深く関係しているホルモンといわれています。
30ぐらいの数値があればいいのですが、20以下になってしまうとエストロゲンの産生が低下してしまうので更年期障害と診断されます。

 

その他にも検査項目はその医院やクリニックによって違いますので、一度問い合わせてから受診すると不安もなくなるのではないでしょうか?

 

更年期障害と診断をされると、治療に入っていきますが、その治療がホルモン補充療法(HRT)が安全と有用性が1番高いとされています。
海外ではこの治療法が長年使われ30〜40%の普及率ですが、日本ではまだまだ低く1.7%の普及率となっています。
その理由には、ホルモン補充療法(HRT)を行うことで、乳がんのリスクが高くなるという報告があり、またホルモン剤に抵抗を持っているからなのです。
ホルモン剤を摂取することで副作用が表れ、体が慣れるまでに少し時間がかかってしまい、なかなか治療に結びつかないのが現状のようです。

 

またホルモン剤の摂取により、肌あれがおきたりまたは体重が増えたなどのデメリットもあるようで、治療法としては消極的になってしまうようです。

 

更年期障害の症状を緩和する方法のおすすめは?

ホルモン補充治療法以外には、漢方薬や抗うつ薬などの処方がされることがあります。
そんな中、更年期障害の治療として注目されているのが、プラセンタ注射です。

 

プラセンタ注射の臨床結果として、メルスモンを1日1回を一週間に3回、2週間継続して計6回接種したところ、高い有効率が表れたとしています。
重大な副作用とないとされているため、更年期障害の治療法として非常に人気があります。

 

またプラセンタ注射を接種することで、更年期障害の症状が緩和されることに期待ができ、プラス肌の調子がよくなったり見た目が若くなるという効果にも期待が非常に持てるため、人気があるのです。
更年期障害のために保険適応で注射を接種しているのにという、一石二鳥が人気の最大の秘密であるようです。

 

しかしプラセンタ注射を接種することでのデメリットは、献血ができなくなってしまうということです

 

おすすめプラセンタサプリ

そこでプラセンタ注射ではなく、プラセンタ成分をサプリで摂取することができるプラセンタサプリがおすすめです。
プラセンタサプリは馬や豚・羊の胎盤が原材料なので、厚生省からも認可されているため、医院やクリニックでも処方されています。
期待できるスピードはゆっくりですが、毎日飲み続けることで症状の緩和に期待ができるでしょう。

 

プラセンタ注射と同じように美容にも期待できるため、見た目の若返りにはもちろん体の内側にも働きかけてくれるでしょう。
更年期障害の症状に悩んで苦しむ前に、プラセンタサプリで続ける習慣として飲むことで、女性を悩ます更年期を穏やかに過ごすことができるでしょう。

 

 

ストレス解消が最も重要なポイント?!

ストレスは私たち人間の大敵といえるものではないでしょうか?
また日本はストレス大国といわれ、至る場面でストレスを感じながら生活していると考えられます。
ストレスを受けるたびに体では「ストレスホルモン」が分泌されているのをしっていますか?
ストレスホルモンはコルチゾールやノルアドレナリンなどがあり、これらのホルモンが様々な症状に深く関係しています。

 

ストレスホルモンによりイライラする原因になったり、血管を収縮して血圧を上昇させてしまったり血糖の上昇をさせてしまうなど様々なことが起きてしまいます。
結果体の至るところに症状としてあらわれ、それが更年期障害へとつながっているのです。

 

 

更年期の時期を上手に乗り越えるためには、ストレスと上手に付き合っていくことが重要なポイントになるでしょう。
ストレスがない生活を!と訴えてもそれはなかなか難しいことでしょう。

 

だからこそストレス解消法を自分で見つけてため込まないようにすることが大事です。
ストレス解消法には人それぞれではありますが、好きなことやりたいことを見つけてうちこむ、または人とおしゃべりをすることも大きなストレス解消になります。
適度に体を動かして汗をかくことも解消につながるでしょう。

 

毎日元気に過ごすためには上手にストレスと付き合いながら、そして更年期を乗り越えることで素敵な年齢の重ね方ができるのではないでしょうか?


トップページ ランキング おすすめサプリ