肌の悩み最大級のシミとは

悩めるシミ

肌の悩みで1番多くあげられるのがシミです。
シミが肌の表面にあるだけで、老けた印象に見られたり、透明感がないだけで不健康にみられたりしてしまいます。

 

だからこそシミは私たちにとって悩みの種、厄介者なのです。
シミなんて体に必要なものではないから、なくなればいいのにと思ってしまいますが、このシミはなぜできてしまうのでしょうか?
シミができない人なんているのでしょうか?

 

シミができるのはどうして?

シミとは、皮膚の中にメラニンが蓄積されたことによって地肌の色よりも色濃く見える部分のことを言います。
そんなシミにもいくつかの種類があるのを知っていますか?

 

老人性色素班

一般的なシミ。年齢とともに肌の表面に出てくる。頬や手の甲、首など紫外線が当足りやすい部分に出る。

肝斑

女性ホルモンが関係していて、バランスやストレスやマッサージなどが原因でできる。左右対称の頬に薄茶色のほわっとしたシミ。

炎症性色素沈着

けがや傷、ニキビなどによって炎症が起こり、痕がシミとなる。

そばかす

遺伝的なものが多いが、ターンオーバーが正常に働かないことによって頬や鼻の頭に細かい斑点がでるシミ。

脂漏性角化症

老人性疣贅(ろうじんせいゆうぜい)ともいわれ、皮膚良性の1つ。
いぼのようにざらざらしたできもののようなシミ。

 

いくつも種類があるシミですが、どれも肌への刺激と紫外線が原因となっています。

 

表皮の1番下には細胞を作る基底細胞があり、メラニンを生成してしまう工場メラノサイトがこの部分にあります。

メラニン色素がシミの原因

メラノサイトが紫外線の刺激を受け取ると、活性酸素のダメージから肌を守ろうとしてメラニン色素を作り出します。
これこそがシミとなるのです。

 

シミができてしまった皮膚はメラニンが過剰に作られ続けてしまうので次第に色濃くなっていってしまうのです。
通常の場合は皮膚が自ら生まれ変わって健康な状態を保つターンオーバーによって、メラニンが皮膚の表面に押し出され剥がれ落ちる仕組みになっています。
ところがメラニンが過剰に作られているとターンオーバーも乱れがちになってしまうため、皮膚の表面がはがれ落ちることなくメラニンが排出されず、皮膚内部に蓄積してシミができてたり濃くなっていってしまうのです。

 

つまりシミと深く関係しているのがターンオーバーという皮膚の生まれ変わりということです。

 

できてしまったシミを消すことはできる?

残念なことに出きてしまったシミを完全に消すことは難しいでしょう。(美容外科的な処置を受けることで可能になるかもしれません。)
まだうっすらと薄い状態のシミである場合は、ターンオーバーが正常に行われるように規則正しい生活をしたり、きちんと美白ケアをすることで薄くすることは期待できます。

シミをなくすことは難しい

しかし誰から見てもシミとわかるようなものは、消すというよりこれ以上色濃くならないように予防したり、シミを作らないようにケアをしていく必要があります。

 

メラニンの生成抑制成分やメラニンの排出を促す成分、メラニン生成を指令する情報伝達物質の抑制成分などさまざまな成分があり、これらは美白有効成分として厚生省から認可されているものがあります。

 

 

美白有効成分として厚生省から認可されているもの
トラネキム酸・ビタミンC誘導体・リノール酸・アルブチン・コウジ酸・4MSK・プラセンタエキス・エラグ酸・マグノリグナン・カモミラET・ニコチン酸アミド・ルシノール・・・

 

これらの美白成分を肌に直接塗ったり、サプリを摂取するなどケアをすることによって美白に期待ができます。

 

もちろん紫外線対策も忘れずにする必要があります。
日常生活でも日焼け止めを塗ったり、帽子や日傘などが有効です。
そしてストレスもシミの原因となる活性酸素の元となっているので、ストレスをためないように心掛けて生活するのがおすすめです。

 

美白サプリとしてプラセンタサプリが選ばれるワケとは?

 

美白成分として厚生省から認可されている成分の中にプラセンタエキスがあります。
プラセンタにはシミと闘うパワーがあるからこそ、美白サプリとして人気があり選ばれています。

 

プラセンタが美白効果として期待ができるものには以下の4つがあります。

ターンオーバーの正常化

若々しいシミのない肌に保つためにはターンオーバーの正常化も重要なポイントです。
シミだけではない、くすみにも関係してきます。

 

ターンオーバーは肌の場合28日程度のサイクルですが、これも年齢とともにターンオーバーのサイクルが長くなってしまうのです。
ターンオーバーのサイクルは人によって違い、敏感肌の人はサイクルが早く細胞が未熟なまま表皮がはがれおちてしまうため、ダメージを受けやすい状態になってしまいます。
あくまでも正常化は年齢に合ったターンオーバーを促すということです。

 

プラセンタエキスには作用としてターンオーバーの正常化があります。
プラセンタサプリだけに頼らず、良質な睡眠や適度な運動といった基本的生活習慣を改善することが正常化につながっていきます。

 

活性酸素の働きの抑制

活性酸素は加齢とともに体内に増えていきます。
攻撃性が強いため細胞のDNAや細胞膜を破壊してしまい、体を酸化させてしまいます。
結果病気にも繋がったり、肌の不調やシミに深く関係してきます。

 

そして注目なのがSAアミノ酸というSOD(スーパーオキサイドディムスターゼ)と同じような働きをしてくれるという成分です。
抗酸化作用があり働きを抑制してくれたり活性酸素の量をコントロールしたり除去してくれます。

 

メラニン生成の抑制

メラニンを生成するために必要なのがチロシナーゼという成分です。

 

チロシナーゼの働きを阻害しメラニン色素の生成を抑制する作用があります。
またチロシナーゼの働きを阻害することで、メラニンの変色を抑えることにも期待ができます。

 

抗炎症作用

炎症とは有害な刺激を受けた時に、体を守るために体が戦う防御反応のことを言います。
炎症があるからこそ早くその部分を直そうとしたりします。

 

紫外線による日焼けなどで炎症して傷ついた表皮を回復する働きがあります。

 

 

美白有効成分として認可されているプラセンタというだけの理由では美白サプリに選ばれないかもしれません。
プラセンタサプリの場合は、美白だけではない他の効果への期待も持てるからこそ、美白サプリとして人気があり選ばれているのです。

 

美白サプリとしておすすめ馬プラセンタサプリ

安心の国産サラブレッドプラセンタサプリ(お手頃価格)

Tp200バナー

 

>>Tp200公式サイト<<

 

安心の国産サラブレッドプラセンタサプリ(タンパク質量98.8%)

 

>>母の滴サラブレッド100公式ページ<<


トップページ ランキング おすすめサプリ